アドセンス記事をどんなターゲットに向けて記事を書くか

目安時間:約 8分

2018/11/4 メルマガ配信バックナンバー

件名:私のブログって糞ブログでしょうか?

 

こんにちは、香恋です。

 

大学生にとってこの時期ってちょうど学校祭の時期なんですよね。

しかも学校祭って1日だけじゃなくて、前夜祭、土日含めて4日間とかあったりします。

香恋の場合は、木曜日〜日曜日まで学校祭で、もともと月曜日は授業がない日なので月曜日も休み。

夫は、水曜日〜日曜日まで学校祭で

二人とも5連休でした⸜(*ˊᗜˋ*)⸝

 

なので、金曜日は息子も保育園休んで、3人でお出かけしてきました♪

今まで息子はハイハイばかりで遊びに行くところも限られていたんですけど、

ようやく、本当によーうやく(1歳半です)

歩けるようになったので、公園とかに遊びに行けるようになりました。

 

手を挙げながらバランス取って歩くんですよねー

可愛いです(親バカ)

 

 

はい、今日のメルマガですが、前回と関連します。

前回のメルマガでは、アドセンス記事、さらにメルマガを書く上で

キーワードと同じくらい重要なことについて、お話ししました。

 

前回のメルマガ→ アドセンス記事の書き方で注意するべき点はこれ!

 

要するにターゲット(対象者)を想定することの重要性なのですが

それと関連して

読者さんからこんなメールをいただきましたので、ご紹介します。

 

---------------------------------------------------

 

先日、ブログ記事に

「糞ブログ書いてんじゃねえよカス!」というコメントをもらいました。

 

自分ではしっかりと記事をまとめて、意見を織り交ぜなら記事を書き、

「糞ブログ」を書いているつもりはありません。

 

私の書いているブログって「糞ブログ」なのでしょうか?

 

---------------------------------------------------

 

Tさん、メールをありがとうございます^^

 

確かに、こういう人っているんですよねー

世の中変な人が多いですが、

とりわけネットであれば匿名だし顔が見えないからいっか、と

なおさら言いたい放題書き込みする人が多いです。

 

ほんと、人間としてどうなんですかね。

こういう人は、ネットに限らずリアルでもおかしい人だと思います。

 

なので、こう言うコメントはいちいち気にしなくて良いです。

Tさん、真面目だなーと思いました。

まあ確かに、以前香恋も変なコメントもらった時、ドキッとしたことはありました。

でも、そう言うのは無視してすぐゴミ箱行きにして、なかったことにしましたよ。

 

感謝のコメントをくれる人も多いですし、

「情報をありがとうございます!」とか「これからもブログ運営頑張ってください」とか

温かいコメントもたくさんいただけているので、

変なコメントする人はごく少数のちょっとおかしい人だな、と無視することにしました。

 

 

で、ですね。

これがどうターゲットをきちんと想定することに繋がるのかと言うと、

変なコメントをした人にとっては「糞ブログ」だったのかもしれないけど、

その他多くの人にとっては「良いブログ」だったはずなんですよね。

 

実際Tさんのブログを拝見しましたが、もちろん糞ブログだなんてことはなく。

その情報を求めている人にとっては、

役に立つ情報をたくさん与えている真っ当なブログだと感じました。

 

つまり、例えば

Aと言う商品の口コミ記事を書いたとして。

あなたは、そのAと言う商品があまり気に入らなかったので、

どちらかと言うと否定的なことを中心に書いたとします。

(あまりにもその商品や会社を罵倒するのは良くないですよ)

 

その記事、Aと言う商品を買おうか検討していた人にとっては

おそらくとても有益な記事ですよね?

なぜなら、Aの良いところだけでなく悪いところもたくさん知れて、

購入を考え直すことができるからです。

 

でも、Aの大ファンで長年愛用している人にとっては、

その記事は「糞記事」となり得ます。

なんせ大好きな商品について

あまり良くない感想ばかり書かれているわけですから。

 

なので、対象者によって

その記事を有益と感じるか感じないか、

読んで良かったと感じるか感じないか、違うんですね。

 

ですから、あなたがたとえ

「こんな記事、つまらないよな・・・書かない方が良いよな・・・」と思ったとしても、

 

あなたが定めたターゲット(対象者)に向けて記事を書いて、

その人に向けて役に立つ情報を与えることができたのならば、

その人にとっては立派な記事が提供できたはずです。

 

当然ですが、どんな人も喜ばせる記事を書くことはできないわけですから

自分が想定した対象者に向けて記事さえ書くことができていれば、

それで良いんです。

 

 

たまにトレンド記事(特に芸能関係)を

「つまらない記事」とか「くだらない記事」

って否定する人いますけど、

 

「え、なんで?」って香恋は思います。

 

いや、もちろん芸能人の誹謗中傷やスキャンダルネタはよくないですけど、

ただ単にその芸能人の経歴やプロフィールについて

書いているのだったら、良くないですか?

 

だって、その芸能人についての情報を知りたい人だっていますよね?

 

実際、香恋もこれまで

「情報をありがとうございました」

って感謝のコメントをいただいたこと、ありますよ。

 

 

誹謗中傷とか罵りでない限り、

あなたの書いた記事、情報を求めている読者は必ずいます。

その対象者に向けて記事を書くわけですから、

「つまらない記事」「糞記事」ということはありません。

 

自信を持って記事を書いてくださいね。

 

 

つまり、「誰」に対して書いているのか、なんですよね。

想定したターゲットに対して有益な記事を書けているなら、

それで良くないですか?

 

香恋の言いたいこと、伝わりましたでしょうか?^^

 

もしわかりにくかったら、お気軽にご返信くださいね。

 

では^^

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
応援のクリックが励みになります!
香恋(かれん)って?

美化された香恋

学生ママでも在宅で稼ぐアフィリエイター(?!) 香恋(かれん)

 

【実績】

2018年1月:

アドセンスを始める

 

2018年6月:

アドセンス+物販で月10万円

 

2018年11月:

メルマガで月42万円+アドセンスで10万円

 

2019年6月:

メルマガ&アドセンスで100万円オーバー!メルマガだけで100万円

 

2019年10月:

所有しているアドセンスブログの一つを200万円で売却

 

詳しいプロフィール

お問い合わせはこちらまで♪

相談事、わからないこと、教材についてのご質問、メルマガのご感想など、なんでもお気軽にどうぞ^^

こちら

info-zeroさんで無料レポートを掲載いただいています♪ありがとうございます^^

カテゴリー
人気記事
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報